当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
PR

横浜ストロベリーパーク予約はいつから?予約なしでも入れる?

地域・イベント

横浜ストロベリーパーク予約はいつからなのか、予約なしでも入れるのでしょうか?

横浜ストロベリーパークでは、障がいのある方が専門家の指導のもと、一粒一粒丁寧に育てたいちごを年中無休で楽しむことができます。

さらに、いちごをふんだんに使ったメニューが自慢のカフェでは、特に真っ赤でジューシーないちごパフェが来訪者から高い評価を受けています。

横浜ストロベリーパークは、いちご好きにはたまらない魅力的なスポットです​ね。

そこで、今回は横浜ストロベリーパーク予約はいつからなのか、予約なしでも入れるのかについてお届けします。

横浜ストロベリーパーク予約はいつから?予約なしでも入れる?

予約はいつから?予約なしでも入れる?

横浜ストロベリーパークのいちご狩りは、完全予約制で行われています。

予約なしでは入れないので注意が必要です。

予約をすることで、混雑することなく、自分たちのペースでいちご狩りを楽しむことができます。

予約は前月から予約出来るようになっています。

予約はこちら→横浜ストロベリーパーク

基本的には予約制ですが、予約にキャンセルが出たりすると予約なしでも入れる場合があります。

パーク内では、様々な種類のいちごが栽培されており、訪れる人々はその中から好みのいちごを選んで摘むことができます。

パークのいちごは、障がいのある方が専門家の指導のもと、一粒一粒丁寧に育てられています。

そのため、いちごは非常に甘く、ジューシーで、訪れた人々に大変好評です。

また、いちごは地面や高設栽培の棚で育てられており、小さな子どもからお年寄りまで、誰もが楽にいちご狩りを楽しむことができます。

連絡先やお問い合わせは?

電話のお問い合わせ先はないので、公式サイトからのメールフォームからお問い合わせして頂くようになります。

InstagramのDMでのお問い合わせも受付ていないので気になることがある場合は早めにお問い合わせしましょう。

こちらの記事もおすすめ→横浜ストロベリーパークの駐車場は無料?アクセス方法は?

横浜ストロベリーパーク料金は?食べ放題ではない?

一人当たりの価格は、約300グラムのカップで30分間税込み2,000円となります。

食べ放題ではないので、食べながらいちご狩りを楽しむのではなく、カップにいちごを摘みます。

個人の感じ方や予算によって、少し高いと感じる方もいるようですが、1年中いちご狩りが楽しめる施設で、いちご狩りの体験も出来るという意味で子供から大人まで楽しめる施設になっています。

横浜ストロベリーパークいちごの品種は?

横浜ストロベリーパークでは、時期に応じて様々な種類のイチゴを育てています。

ペチカほのか:この品種は、その甘さと芳香、そしてジューシーさで知られています。

よつぼし:このイチゴは、強い甘さと適度な酸味のバランスが特徴です。

かおり野:香りと強い甘さ、そして穏やかな酸味があります。

ロイヤルクイーン:この大粒のイチゴは、甘くて少し酸っぱい風味が楽しめます。

ベリーポップすず:この種類は、赤い皮と赤い果肉が特徴で、硬めで甘みと深い味わいがあります。

 

時期によって食べられる品種が変わるので、いろいろな季節に行って楽しむのもいいですね。

施設内のカフェは予約は必要?

横浜ストロベリーパーク内にあるカフェは、事前予約は不要で楽しむことができます。

営業は11時から16時までです。

ここでは、いちごをふんだんに使用した魅力的なメニューを楽しむことができます。

いちごを使ったパフェや、ふわふわのシフォンケーキ、そして美味しいフレンチトーストなどがあります。

リニューアル準備中ということで3月20日~4月20日まではドリンクだけの販売になっているので、パフェなど食べたい方はこの期間以外で行くようにしましょう。

4月20日にオープン予定になっていますが、詳しくは新しい情報が入りましたら更新します。

もしいちご狩りが予約一杯でもカフェは楽しめるので、いちご狩り体験とは異なる楽しみ方として、カフェでのひと時を是非お楽しみくださいね。

まとめ

ストロベリーパークは予約制で前月から予約が出来るようになっています。

予約は公式サイトからできますので、予定を決めたら早めに予約しましょう。

カフェは予約なしで入れます。

予約が取れなくてもカフェに行ってみていちごを楽しむのもおすすめですよ。

いちご好きな方はぜひ行ってみてくださいね。

こちらの記事もおすすめ→横浜ストロベリーパークの駐車場は無料?アクセス方法は?