当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
PR

熱海冬花火2023・2024屋台や混雑状況は?日程やみどころも!

地域・イベント

熱海冬花火2023・2024屋台や混雑状況は?日程やみどころも!

熱海海上花火大会2023・2024が開催されます。

1年を通して何度も花火大会が行われていますが、夏と違って冬の混雑状況やみどころなどもきになりますよね。

今回は、熱海冬花火2023・2024の屋台や混雑状況など日程やみどころもお届けします。

熱海冬花火2023・2024屋台や混雑状況は?

屋台は熱海サンビーチ周辺から親水公園のスカイデッキ・レインボーデッキ周辺に出ています。

駅前のお土産屋通りは花火目当ての人でにぎわっていました。

寒いので食べ歩きができる温泉まんじゅうがオススメですね。

私は家族と一緒に手先と胃袋を温めながら会場に歩いていきました。

蕎麦屋さんなどもありましたが、花火大会直前までは外まで並んでいたため断念しました。

ビーチの通りまで出ると、何軒か屋台が出ていて、他の祭りや花火大会でも出るような焼きそば、ソースせんべい、チョコバナナのような屋台が出ていました。

熱海冬花火2023・2024混雑状況・交通規制や無料駐車場はある?

交通規制は7月と8月だけなので12月はありません。

冬花火でもかなり混雑しますので、車で行く場合は早めに向かった方がいいですね。

無料駐車場はありませんので、会場周辺の有料駐車場に駐車しましょう。

車だと駐車スペースに限りがあるため、駐車場のことを気にせず行きたい場合は電車で移動する方が良いと思います。

私は電車で行きましたが、帰りに熱海駅へ向かう人で混雑していました。

来宮駅に向かうか、その日は熱海に宿泊して翌朝移動にするという方法でも混雑回避が出来ますよ。

熱海冬花火2023・2024日程はいつ?場所や時間は?

名称 熱海海上花火大会2023
日程 2023年12月3日(土)、12月23日(土)
2024年2月12日(月)、2月24日(土)
打ち上げ時間 20時20分~20時40分
打ち上げ数 約3000発
花火大会会場 熱海湾
観覧場所 サンビーチ海水浴場、親水公園など熱海港まで海岸線一帯
車でのアクセス 東京インターから熱海市まで車で約1時間30分
電車でのアクセス JR熱海駅から徒歩約20分
公式HP(熱海市) https://www.city.atami.lg.jp/event/1009037/1001205.html

※上記は記事作成時の情報ですので、変更や中止等の確認は公式HP等をご確認ください。

熱海冬花火2023・2024みどころは?

ビーチが東西に広がってるのでわざわざホテルを取らなくても、ビーチ沿いの歩道からでも花火が見れるのは嬉しいですね。

花火時間は20分ほどだったので、観光したフィナーレとして花火で締めくくるという方が多いようです。

冬だけでなく年に何度も花火が打ち上げられているようなので、スケジュール調整がしやすいと思います。

三方向が山に囲まれているので音の響きが強く感じられ迫力満点でした。

熱海冬花火2023・2024おすすめポイント、楽しみ方、服装は?

冬の星空でしばらく花火を見上げるため、防寒対策はしっかりして行った方がいいです。

私はおなかと腰にホカロンを貼り、水筒に温かいお茶を持っていきました。

熱海駅前のコンビニでも温かい飲み物が売られてましたが、会場に着くころには冷めてしまいますので、水筒に暖かい飲み物を入れて持って行くのがおすすめですよ。

夏場は夕方までビーチで遊んでゆっくり食事をしてからという日帰り旅行のフィナーレに花火大会というスケジュールが組めます。

でも、寒い季節には日本でも有数の温泉地であるので、熱海温泉めぐりをした後に花火を楽しむことができますよ。

ビーチから見上げたいという方はレジャーシートを持って行きましょう。

駅前のアーケード商店街はお土産屋も多いので花火までの時間つぶしにも使えますよ。

まとめ

熱海冬花火は夏に見る花火と違い寒い中ではありますが、冬の空に打ち上がる花火もとてもきれいでした。

温泉好きな方は温泉も楽しみつつ花火も楽しめるのでおすすめです。

夏に行ったことがある方でも、冬の花火はまた夜空が済んでいるため夏に見る花火とはまた違います。

海に映る花火もとてもきれいですよ。

ぜひ皆さんも寒さ対策を万全にして行ってみてくださいね。