当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
PR

熱田神宮2024の初詣は何時まで?屋台の営業時間は?

地域・イベント

熱田神宮2024の初詣は何時まで?屋台の営業時間は?

2023年が終わりまもなく2024年になりますが熱田神宮の初詣が何時までなのか、屋台の営業時間やお守りやおみくじのなどの授与を受けられる時間は何時までなのでしょうか。

毎年たくさんの人で賑わう神社ですが、1年の始まりに是非行きたい神社でもありますよね。

そこで今回は、熱田神宮2024の初詣は何時までなのか、屋台の営業時間についてお届けします。

熱田神宮の初詣は何時まで?参拝時間や授与の受付が何時まで?

参拝時間は何時まで?

参拝時間は24時間となっていますので時間の制限はありません。

ただ、やはり12月31日の午後11時頃から1月1日の午前3時頃、1月1日から3日の午前9時頃から午後5時頃までは混雑します。

混雑を避けたい場合は混雑時間を避けて行くか、三が日が過ぎてから行くことをおすすめします。

地元の人の情報

毎年たくさんの人が訪れるので31日の深夜から1日は終日とても混雑します。

2、3日においてはバラけるのですが、午前中と日中はまだまだ混んでいて三が日過ぎると人が落ち着きます。

授与の受付は何時まで?

おみくじやお守りなどの授与は、12月31日から1月5日までは午前7時頃から午後10時までとなっています。

1月6日以降は通常通りの午前7時頃から日没までとなっています。

地元の人の情報

元旦の昼頃に行きましたが、たくさんの人で溢れていて並んでお守りを授かるにも一苦労でした。

熱田神宮2024の初詣屋台の営業時間や期間は?

屋台の出店期間は、12月31日から始まりますが、ピークは1月1日から1月5日までで、ほとんどが1月5日の午後から撤収します。

営業時間は31日は23時頃から、それ以外は朝9時頃から夜22時頃までですが、出店によっては時間帯によって閉まっているところもあります。

●寄り駅のJR熱田駅と名鉄神宮前駅の周辺。

ここは歩行者天国となり、多種多様な屋台が並びます。

●熱田神宮の参道の両脇

屋台は参拝経路の両脇にずらりと並んでいます。

たこ焼き屋りんご飴、カステラや焼きそばなど多数のバリエーション豊富な出店がでていますので、お祭り気分を味わえますよ。

熱田神宮2024の初詣交通規制や臨時駐車場はある?

熱田神宮境内に無料駐車場がありますが、12月31日から1月6日までは駐車出来なくなっています。

近くの有料駐車場を使うか、熱田神宮駅前地区まちづくり協議会が運営する臨時有料駐車場が毎年神宮前商店街裏で営業しています。

昨年の情報では1月1日~3日の8時30分~16時30分までで1時間1,000円になっています。

交通規制については12月31日~1月4日まで交通規制があります。

→熱田神宮初詣交通規制

地元の人の情報

元旦の日中行きましたが、現地に近づくにつれて車の量が多くなり、駐車場は混雑していて待っている車で溢れていました。

何も無ければ20分で着く距離なのが、当日は1時間かかりとても驚きました。

まとめ

熱田神宮は、愛知県の中でもとても大きな神宮となっていて歴史のある場所です。

参拝は24時間ですが、授与所や屋台の営業時間内に行きたい場合は確認して行きましょう。

織田信長を始めとする名のある武将が必勝祈願に訪れたとされていて、とても縁起の良い場所となっています。

本堂まで少し歩くことになりますが、たくさんの歴史上の建造物や場所もあり、たくさんの歴史に触れられてとても趣があります。

私自身、年に一度のしか行かない場所にはなりますが、背筋がビシッとしてしまうような独特の雰囲気もあり、新年早々身が引き締まる気持ちで挑めます。

ぜひ皆さんも初詣でに行ってみてくださいね。