当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
PR

スキビディトイレとは?使われている音楽の曲名や元ネタは?

お役立ち情報

スキビディトイレとは何なのでしょうか。

2023年からブームとなり、大人から子供まで幅広い層にとても人気となっています。

うちの子供も大好きで小学校でも流行っています。

では、使われている音楽の曲名や元ネタなども気になりますね。

なぜこれほどまでに人々を魅了するのか、その秘密を探ります。

この記事では、スキビディトイレとは何なのか元ネタやその魅力についてお届けします。

「スキビディトイレ」とは、トイレ型生物と機械顔アンドロイドが争うCGアニメのシリーズで、YouTubeで人気となっています。

トイレ型の生物が人々を歌を聴かせ同種に変えてしまいます。

それに対抗する多様なアンドロイドたちが彼らを阻止しようとする内容です。

「DaFuq!?Boom!!」というユーチューバーで、Source FilmMakerという3DCGアニメ作成ソフトを使用して制作され、70話を超えるエピソードが数億回再生されるほどの人気です。

新しいキャラクターもどんどん増えています。

このアニメはモバイルゲームにもなっていて、その独特なキャラクターは幅広い年齢層に愛されるグッズとしても展開されています。

スキビディトイレで使われている歌など音楽は?

「スキビティトイレ」に登場する楽曲「Skibidi bop bop yes yes」は、ROSE BEATが手掛けたミックスで、トルコのBiser Kingの「Dom Dom Yes Yes」と、アメリカのTimbalandの「Give It To Me」を融合させたものです。この「スキビティ」というフレーズはロシアのダンス曲からインスピレーションを得ており、テンポが速く親しみやすいメロディで世界的に愛されています。
スキビディトイレの中で特に注目されるスピーカーマンのテーマソング、「Everybody Wants To Rule The World」は、1985年にイギリスのバンド「Tears For Fears」によって発表された曲です。この楽曲は、スキビディトイレの創作者「DaFuq!?Boom!!」によって特別にリミックスされ、動画内で使用されています。この選曲は、支配欲や野心をテーマにした歌詞が、スキビディトイレの独特な世界観とマッチしている点で興味深いですね。
スピーカーマンの曲はうちの旦那さんも昔よく聞いていたので懐かしいといっていました。

スキビティトイレ人気の理由は?

スキビディトイレのシリーズはその魅力的な歌と映像で多くのファンを虜にしており、その人気は子どもから大人まで幅広いです。

キャラクターたち、特にスキビディトイレと機械顔アンドロイドは、そのユニークな「キモかわいい」キャラがやはり印象的ですよね。

私もはじめて見たときはインパクトがあって見てしまいました。

これらのキャラクターをモチーフにしたぬいぐるみやキーホルダーなどの様々なグッズも生み出されています。

わたしの子供も大好きで、ダンボールを使ってカメラマンを作っていました。

カメラマンになりたいからスーツが欲しいとか、一緒にスキビティトイレごっこもします^^;

ぬいぐるみやキーホルダーも持っていますよ。

まとめ

スキビディトイレは「DaFuq!?Boom!!」というユーチューバーによって製作された、大人から子供まで人気のアニメシリーズでした。
音楽やキャラクターがとっても個性的で思わず見てしまいますね。
これからさらにキャラクターも増えてさらに人気になれば、今後は実写化とか映画化とかするかもしれませんね。