当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
PR

凧の数え方がわからない方必見!凧の基本情報をまとめて解説

お役立ち情報

凧の数え方って以外と知っているようでしらなかったりしますね。

凧は、風に乗って大空を飛ぶ日本古来の遊具で、子どもから大人まで楽しまれています。

今回は凧の数え方や由来、種類についても詳しく紹介していきます。

ぜひ、凧にまつわる魅力に触れてみましょう!

凧の数え方として〇枚、〇張、〇個、〇連などがある

凧の数え方には、〇枚、〇張、〇個、〇連など様々な表現があります。それぞれの数え方には、その物の形や使い方に合わせて適切な表現があります。

例えば、「〇枚」という表現は、平らな物や紙などを数える数え方として使われます。

一方、「〇張」という表現は、平面的なものや紙が貼ってあるものの数え方として使われます。

また、「〇個」という表現は、ものを数える時の数え方として使われます。

そして、「〇連」という表現は、凧を空に飛ばす時に使われる数え方です。これは、風船をつないで飛ばすときにも使われます。「〇連」とは、風に乗って連なって飛ぶ凧の数え方で、一度に複数の凧を飛ばす時に使われます。

凧を数える時は、その状況に合わせて適切な表現を使いましょう。

凧の由来と種類について

凧揚げの由来とは?

起源:凧の起源は、中国にあり、かつては紙で作られたトビと呼ばれていました。日本には平安時代に伝わり、貴族や武士の遊びとして楽しまれました。

語源:凧が「タコ」や「イカ」と呼ばれるようになったのは、紙の尾を垂らして揚がる姿が蛸やイカに似ているためとされます。江戸時代には、幕府が「いかのぼり禁止令」を出したことから、関東地方では「イカ」ではなく「タコ」と呼ばれるようになりました。

意味:お正月に凧揚げをする習慣は、空を見上げることが健康に良いという言い伝えや、男の子の誕生や成長を祝う儀式、風水に基づくものなど、さまざまな理由があります。

凧の種類もご紹介!

日本の各地域や歴史によって、さまざまな種類の凧が存在します。角凧や六角凧、奴凧、べらぼう、べっか、ぶんぶん、ハタ、まったくーなど、地域ごとに独自の形状、色彩、模様、名前を持つ凧があります。伝統的な和凧は、竹の骨組みに和紙を貼って製作されます。

海外の凧も、その国や地域の文化や歴史に応じてさまざまな形状、色彩、模様を持っています。例えば、中国の凧は昆虫や鳥、竜などの動物を模したもので、絹や竹で作られています。ベトナムの凧には、笛をつけて揚げ、音を奏でるものもあります。アメリカやイギリスでは、三角形のゲイラカイトが有名であり、プラスチックやビニールで製作されています。

また、立体的な凧やスポーツ凧など、世界中でさまざまな種類の凧が楽しまれています。凧には、しばしば空を飛ぶ動物や自然現象にちなんだ名前が付けられますが、日本のように水生動物の名前で呼ぶことは珍しいとされています。

角凧:日本の伝統的な凧で、主に長方形や正方形の形状が一般的です。竹や木のフレームに紙や布を張って構成されます。絵柄としては漢字や歌舞伎、浮世絵風のものが描かれることもあります。

スポーツカイト:操縦用のハンドルで自由に操作できる凧で、2本や4本の糸を使用します。自己制御が可能なため、競技大会やバレエなどで技を披露することもできます。

バイオデザインカイト:流体力学や航空機力学の応用によって製作された凧で、弱い風でも容易に浮かび上がります。左右対称であればどんな形でも作成できるため、デザインの幅が広がります。

ゲイラカイト:三角形の凧で、プラスチックの骨組みにビニールを使用しています。軽量で飛びやすく、初心者や子供にもおすすめです。

軟体凧:タコや魚などの立体的な凧で、骨組みがなく、空気を収めてふわふわと動きます。海の生き物の動きを模倣しており、見た目が愛らしいです。

連凧:複数の小さな凧を連ねて作られた凧で、存在感があり、芸術的な外観が特徴です。祭りなどで頻繁に見られる凧の一つです。

凧には、その形状やデザイン、色彩などによって、様々な意味が込められています。自分の好みの凧や気になる凧を探してみましょう。

まとめ

凧には状況によって〇枚、〇張、〇個、〇連など様々な数え方がありました。

種類も日本の凧や海外の凧で様々です。

大人になると触れる機会も少なくなりますが、凧揚げは、日本の文化を味わうだけでなく、健康や運動にも良い遊びです。

ぜひ、凧揚げを楽しんでみてください。