当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
PR

100均で踏み台昇降の台は買える?効果的な昇降エクササイズの方法

お役立ち情報

100均で踏み台昇降の台を買えるのでしょうか。

健康とフィットネスは、日々の小さな積み重ねです。

始めるのに高価な踏み台を購入せずに、100均で購入できる踏み台でできるのであれば気軽にはじめられますね。

この記事では、100均で踏み台昇降の台は買えるのか、その基本的な方法と健康効果、さらには続けるためのヒントまで詳しくご紹介します。

100均で踏み台昇降の台は買える?

100均の踏み台

ダイソーで500円で販売されています。

サイズ:33.5cm × 20cm × 25cm

耐荷重量:120kgです。

使うときは踏み台がしっかりと固定され、滑らないように、非滑り性のマットの上など、しっかりと固定して使うようにしましょう。

100均のジョイントマット9枚入り

ダイソーで以前は400円でしたが、現在は500円になっています。

万が一やらなくなってもジョイントマットとして利用することもできますね。

踏み台昇降の基本的な健康効果は?

踏み台昇降は、心肺機能の向上、下肢の筋力強化、カロリー消費の促進など、多くの健康効果をもたらします。定期的に行うことで、体力の向上はもちろん、ストレスの軽減や睡眠の質の改善にも繋がることが科学的に証明されています。

ダイエットの効果: 有酸素運動により高いカロリー消費と脂肪燃焼が期待できます。とくに下半身の大きな筋肉を動かすことで、新陳代謝が促進されます。

むくみ軽減の効果: 脚の血液循環とリンパの流れを改善することで、むくみを軽減できます。特にふくらはぎが血液を心臓に戻す重要な役割を担っていて、全体の血液循環をサポートします。

下半身の筋力向上: 階段の上り下りなど、下半身を中心に使う活動は、お尻や太ももの筋力を強化します。

健康リスクの低減: 規則正しい運動はセロトニンの放出を助け、気分の改善やうつ病予防に有効です。

踏み台昇降のエクササイズの基本

踏み台昇降を始めるにあたり、基本的な技術を身につけることが重要です。効果的な運動を行うためのポイントを学びましょう。

初心者向けの踏み台昇降のやり方

初心者は60秒間を3セット行うことから始めてみましょう。

徐々に回数やセット数を増やしていくことで、持久力と筋力が向上します。

腕を後ろに引くように動かしましょう。

肩甲骨周辺の筋肉が動いて脂肪燃焼効果が期待できます。

上級者向けの踏み台昇降のやり方

ダンベルを持つ、ウエストのひねりを加える、歩幅広げる、昇降のスピードを早めるなど、負荷を増やしていきましょう。

心拍数を一気に上げ、より多くのカロリーを燃焼させることができます。

エクササイズ後のクールダウン

エクササイズ後のクールダウンは、筋肉の疲労回復と怪我の予防に役立ちます。

踏み台昇降後は、軽いストレッチや深呼吸で心拍数を徐々に下げ、筋肉の緊張を和らげましょう。

踏み台昇降の踏み台おすすめ3選

本格的に踏み台昇降をしたいという方は踏み台昇降用のステップもあります。

100均に比べるとお値段は上がりますが、専用のエクササイズ用の踏み台なので安全性という面で考えても購入を検討してもいいですね。

「イエスフォーオール」のエアロビクス用ステップ

6,395円~

丈夫で高さの調節可能があるので、どんなレベルの方でも適しています。

「クレエ」ブランドのステップ台

3,980円

滑り防止機能で、安全に踏み台昇降運動をすることができます。

「グロング」のステップ台

4,280円

高い耐久性を誇り、多様なフィットネス活動に対応できるため、多様なトレーニングに調整したい方におすすめです。

踏み台昇降を継続するためのモチベーション維持法

継続はエクササイズにおいて最も難しい部分かもしれません。

モチベーションを保つためには、具体的な目標設定が効果的です。

例えば、「1ヶ月に5回以上踏み台昇降を完了する」という達成可能な目標を立てること。

さらに、友人や家族と一緒に運動することで、お互いを励ましあうことも一つの方法です。

また、運動の進捗を記録することで、小さな成功を視覚的に確認することができ、これが大きなモチベーションにつながりますよ。

継続するためには、楽しむことも重要です。

踏み台昇降を例えば音楽を聞きながら行う、テレビを見ながら行うなど、楽しみながら運動できる環境を作ることが効果的です。

まとめ

100均で踏み台昇降の台は500円と低価格で始めやすいです。

踏み台昇降運動は少しの時間とすき間時間でできることが、日常に運動を取り入れやすいですね。

また、雨降りの時や外に出るのがおっくうなときでも自宅で気軽にできる運動です。

やってみて本格的にやりたい方は、踏み台昇降用の台の購入も検討してみましょう。