当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
PR

足利フラワーパークイルミネーション料金や割引は?時間・日程やみどころも!

お役立ち情報

足利フラワーパークイルミネーション料金や割引は?みどころも!

足利フラワーパークイルミネーション2023が開催されます。

日本三大イルミネーションに認定されていて人気のスポットです。

せっかく行くなら料金は割引で入れたらいいですよね。

今回は、2023年の足利フラワーパークイルミネーション料金や割引があるのか、時間・みどころもお届けします。

足利フラワーパークイルミネーション料金や割引は?

料金

大人1,300円(中学生以上)子供(4歳~小学生)700円です。

イルミネーション期間中は昼の部と夜の部の二部制となっており入場料金が異なっています。

割引料金

前売り券

イルミネーションの料金は、夜の部のみ前売り券が販売されています。

前売り券は、大人は1,250円、子供は650円です。

前売り券は、全国のセブンイレブン・ローソン・ミニストップで購入できます。

また、オンラインで電子チケットを購入することもできます。

前売り券や電子チケットは、通常より50円安いですし、売り場に並ばないで入園することができるので、とても便利ですよ!

メール会員

足利フラワーパークでは無料でメール会員になることができます。

登録すると夜の部については3人まで100円割引で入場できますよ。

割引券をプリントアウトするかスマホで画面を表示することで割り引きできます。

足利フラワーパークイルミネーション時間や日程はいつまで?

名称 光の花の庭
日程 2023年10月18日(水)から2024年2月14日(水)
夜の部 15時30分~20時30分(土日祝は21時まで)
※11月1日~1月8日平日21時、土日祝は21時30分まで
時間帯 17時頃から(11月1日~1月8日は16時30分頃から)
場所 栃木県足利市迫間町607
車でのアクセス 東北自動車道 佐野藤岡ICから約20分
北関東自動車道 太田桐生ICから約25分
電車でのアクセス JR東北本線「小山駅」下車→JR両毛線乗り換え「あしかがフラワーパーク駅」
公式HP https://white-illumination.jp/munich/

※上記は記事作成時の情報ですので、変更や中止等の確認は公式HP等をご確認ください。

足利フラワーパークイルミネーション混雑状況は?

やはりクリスマスシーズンに来園したためか、あしかがフラワーパークに着く以前の周辺道路から渋滞していました。

特に早い時間に行かなくとも無料駐車場に停める事はできましたが、行きも帰りもとにかく大渋滞になるので、車で来園予定の方は覚悟が必要です。

あしかがフラワーパーク駅も出来たので電車で向かうのが混雑を避けることもでき便利です。

また、渋滞になるだけの混雑ですので、当然園内がとても広いとはいえ人も多く感じました。

写真を撮ろうにもとにかく他人が写り込みますので、自分達だけの写真は加工しない限りちょっと難しいですね。

足利フラワーパークイルミネーション2023駐車場はある?

平日は300台駐車できる無料駐車場があります。

土日祝日などの混雑する時期は6,000台の臨時駐車場も用意されています。

臨時駐車場の足元は土で、駐車場としてしっかり舗装されていませんので、雨上がりなどは足元に注意が必要です。

足利フラワーパークイルミネーションみどころ、おすすめポイント、楽しみ方は?

イルミネーション

毎年テレビ番組で特集が組まれているので大体どのような感じかは予想して行ったつもりでしたが、とにかく敷地が広く、どこから見ようか迷ってしまうほどでした。

中でもLEDで満開の藤を表現した「奇蹟の大藤」はテレビ画面や写真で見る以上に圧巻でした。

園内には池が各所あるため、池に映り込んだイルミネーションも思わずカメラを構えてしまう美しさでした。

やっぱりテレビで見るのと、実際に見るのではぜんぜん違いますね。

幅120mもの光の壁画「光のバラ園~ハピネスガーデン」も圧巻される見どころの一つとなっており、沢山の方が写真撮影されていました。

花に関する知識と経験を豊富に持つ専門家が描いた「光の花手水」も「奇蹟の大藤」や「光のバラ園」のような巨大作品ではないものの、繊細な技術が詰め込まれており思わず足を止めてしまう作品でした。

期間内3シーズンに分けてイルミネーション内容も変わりますので、カップルで行ったり友達と行ったり、期間毎に何度も楽しめそうです。

そしてイルミネーションが16時30分と割と早い時間から点灯しているので、遠方から日帰りする方でもあまり帰宅が遅くならずに済みます。

子供からシニア世代まで一緒に楽しめる

花・光・音で構成されている「フラワーキャッスル」は光の花火の演出などもあり、お子さんにも大人気でした。

花々をゆっくりと見るには飽きてしまう子供達も、暗くなってからのお出かけが特別感があるのと、キラキラ輝くLEDライトには子供からしても吸い込まれそうな魅力があります。

飽きてきても一旦軽食で休憩して気分転換させられるのも助かりましたね。

今年はプロジェクションマッピングも導入されたそうなので、より家族みんなで楽しめるのではないでしょうか。

早い時間からライトアップしているので、小さなお子さんがいる家族連れの方も来園しやすいですよ。

SNS世代の若い方達も写真を撮りたくなるスポットが数えきれないほどありますので、他とは被らないオリジナルの写真を撮れるところが魅力です。

実際、まだあまり花には興味を示さなそうな若い年代のお客さんも、沢山来園して写真撮影を楽しんでいましたよ。

もちろんシニア世代の方も園内に入った瞬間からイルミネーションが見られますので、あまりに広大な敷地を歩くのが心配だとしても、無理なく自分の歩ける範囲内で充分楽しめますよ。

飲食店やトイレについて

敷地内にグルメスポットが充実しているので、夕飯の事を考えず時間を気にすることなくゆったりと楽しめます。

この時期の夜間はとても冷え込むので、途中でホットドリンクを購入して温まりながら園内の景色を見るのもよかったです。

敷地はものすごく広大ですがトイレも要所要所にあるので、冷えてトイレが近くなっても困りませんでした。

まとめ

足利フラワーパークイルミネーション料金は、前売り券やメール会員になることでお得に入ることができます。

また、目で楽しんで写真にも残せる年代問わず楽しめる場所になっています。

ぜひ皆さんも寒さ対策を万全にして行ってみてくださいね。