当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
PR

ドクターイエロー引退はいつ?理由や今後の検査車両は?

お役立ち情報

ドクターイエローの引退いつなのか、理由や今後の検査車両はあるのでしょうか。

新幹線の安全を守る「走る検査室」ドクターイエローの引退について詳しく解説します。

ドクターイエローは日本の鉄道にとって欠かせない存在でしたが引退するとが決まりました。

引退の理由、いつまでなのかなど運行終了の時期についても触れつつ、今後の検査車両についてもご紹介します。

鉄道ファンにとっては寂しい知らせですが、ぜひ最後までお読みください。

ドクターイエロー引退いつ?理由やいつまで運行なの?

理由

車体の老朽化のため。

運行終了予定日

  • JR東海 2025年1月に運行終了予定
  • JR西日本 2027年以降に運行終了予定

最終運行に向けて、特別なイベントや記念グッズの販売が行われる予定です。

運行終了の具体的な日程は、JRで詳細が決まり次第、公式発表されます。

この日程に合わせて、多くの鉄道ファンが最後のドクターイエローの姿を見ようと駆けつけることでしょうね。

※ドクターイエローとは?
ドクターイエローは、新幹線の線路や設備の点検を行うために特別に設計された試験車両です。1964年の東海道新幹線開業以来、新幹線の安全性を維持するために運行されています。

通常の新幹線と同じように走行しながら、車両に搭載された各種センサーやカメラを使って線路や架線の状態を詳細にチェックします。

ドクターイエローの運行は「走る検査室」とも称され、鉄道の安全運行に欠かせない存在となっています。

ドクターイエロー引退で今後の検査車両はどうなる?

ドクターイエローの引退後、その役割を引き継ぐ新しい車両が導入するわけではなく、「N700S」の車両に、専用の機器を取り付けて点検をする予定です。

専用車両がなくても点検できるようになったのですね。

ドクターイエローのダイヤは公開されていないので、見られると幸せになると言われています。

また、大人だけでなく子供にも大人気の車両ですから、寂しいですね。

SNSの反応

うちの子供もおもちゃを持っていました。

子供のおもちゃからも今後は消えてしまうんでしょうか。

寂しい、しょうがないという声や、運行終了前に一度は運行しているドクターイエローを見たいという声が多くありました。

まとめ

ドクターイエローの引退は、日本の鉄道史において大きな節目となります。

半世紀以上にわたり、新幹線の安全運行を支え続けたこの「走る検査室」は、老朽化により引退することが決まりました。

JR東海は2025年1月に運行終了予定、JR西日本は2027年以降に運行終了予定となっています。

ドクターイエローが果たした功績は計り知れず、その存在は鉄道ファンだけでなく、多くの人々の記憶に刻まれています。

運行終了の日が近づくにつれ、特別イベントや記念グッズの販売など、多くの人々が最後のドクターイエローの姿を見送る準備が進められています。

運行終了日やイベントには多くのファンが駆けつけそうですね。

詳しい日程の詳細がわかりましたら、お知らせします。