当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
PR

雪だるまの作り方!上手に作るコツや道具は必要?

お役立ち情報

雪だるまの作り方はコツなどがあるのでしょうか。

寒くなって地域によっては雪が降っているところも多くなってきました。

雪が降ったら子供達と作って遊ぶのに雪だるまは欠かせないですよね。

今回は雪だるまの作り方や上手に作るコツや道具は必要かについてお届けします。

雪だるまの作り方の基本

雪の選び方と雪玉の作り方

雪だるま作りには適した雪の選び方が重要です。まず、雪を固めて大きめの雪玉を作ります。次に、固めた雪玉を雪の上で転がして大きくします。これを繰り返し、もう一つ小さめの雪玉を作り、大きな雪玉の上に乗せます。顔の飾り付けをして完成です。

簡単に作るコツ

完成度の高い雪だるまにするためには、最初の雪玉をきれいな球形にすることがコツです。ボウルを使って成型する方法や、雪玉を均等に転がすことで、美しい形が作れます。また、雪だるまの頭と胴の比率は3:4が理想的です。

道具の活用方法

雪だるま作りには様々な道具が役立ちます。例えば、ボウルを使用して雪玉を成型する方法や、容器で雪を固めてから角を削る方法などがあります。これらの道具を使うことで、簡単かつ美しい雪だるまが作れます。

長持ちさせるコツは?

雪だるまを長持ちさせるには、水分を多く含んだ、しっかりと固まるタイプの雪を使用しましょう。次に、雪だるまの位置を考えます。直射日光が少ない場所を選ぶことで、溶けるスピードを遅らせることができます。さらに、雪だるまに帽子やバケツなどを被せることで、日光から守ることができます。最後に、完成した雪だるまに霧吹きで水を吹きかけ、表面を凍らせるという方法も効果的です。

雪だるまの顔の作り方と飾り付け

顔作り

雪だるまの顔を作る際には、創造性を発揮しましょう。木の枝、石や木の実、野菜を使って目や口を作るのが一般的です。色とりどりのボタンやリボンで表情を付け加えることもできます。また、自然素材を使用することで、雪だるまに自然な風合いを与えることが可能です。

アクセサリーや装飾

雪だるまにアクセサリーや装飾を加えることで、個性を表現できます。例えば、マフラーや帽子、手袋などを使って暖かみのある雪だるまにすることができます。また、自然素材や家にある小物を利用して、独自のスタイルを作り出すのも良いでしょう。

色づけ

絵の具や食紅を使って色をつけることでカラフルな雪だるまにすることも出来ます。小さいお子さんなど食べてしまうことが心配な場合は、食紅を使うのもおすすめです。

オリジナル雪だるまのアイディア

横向きに寝た雪だるまや、逆立ちしている雪だるまなどユニークな姿勢やびっくりした顔を作ってみるなど表情を変えてみるのもおすすめです。また、ポストやホウキを持たせてみるなど小物使うことで、周囲の環境を生かした雪だるまも面白いですね。他にも人を驚かせるようなデザインを試してみるのも良いかもしれません。例えば、人が食べられているように見せるデザインやたくさん作ってパーティーをしているようなデザインなどストーリーを持たせるのも面白いです。

サラサラ雪や硬い雪を使っての雪だるの作り方

サラサラ雪での雪だるま作り方

サラサラとした雪では、雪だるま作りが少し難しくなることがあります。このような雪質の場合、雪を固めるために少し水を加えると良いでしょう。水をスプレーするか、雪に直接水を混ぜて適度な湿度を確保します。それにより、雪がまとまりやすくなり、雪だるまの形を作りやすくなります。

硬い雪での雪だるまの作り方や雪が少ないときは?

雪が非常に硬いときや、十分な量がないときには、工夫が必要です。硬い雪の場合は、一度壊してから再度固めるという方法が有効です。雪の量が少ないときは、小さめの雪だるまを作るか、周辺の雪を集めて作りましょう。

SNSの雪だるま

同じ材料でも工夫次第で表情や顔をいろいろ変えて楽しむことが出来そうですね。

つららも工夫次第で使えそうですね。つららを取るときは気を付けてとりましょう。

葉っぱをリボンのようにするのも可愛いですね!

雪だるまにメガネをかけて投稿している方も多くいました。メガネをかけている様子が面白いですね。

まとめ

雪だるま作りは、冬の楽しい遊びです。子供たちにとっては想像力を育む絶好の機会となります。異なるサイズや形の雪だるまを作ることで、個性を表現し、冬の思い出を作ることができます。
雪だるま作りを安全に楽しむためには、寒さ対策を十分に行うことが大切です。防寒着を着用し、手袋や帽子で保温を心がけましょう。また、雪だるまの大きさや重さに気を付け、張り切りすぎて体を痛めないようにしましょう。