当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
PR

映画「スイート・マイホーム」ホラーサスペンス好きな方に!あらすじや感想を紹介

映画

映画「スイート・マイホーム」は、2023年9月1日に公開された窪田正孝さん主演で、俳優さんでもある斎藤工さんが監督の作品です。

映画が大好きで、毎月たくさんの映画を見ている私が、独自の視点から作品を紹介させていただきます。

映画「スイート・マイホーム」を観るか迷っている人は是非参考にしていただけると嬉しいです。

この記事でわかること

  • 作品情報
  • みどころ
  • あらすじ
  • 感想
  • 「スイート・マイホーム」がおすすめな人

スイート・マイホーム作品情報

作品データ

公開 2023年9月1日

監督 齊藤工

脚本 倉持裕

主な出演者

主演 清沢賢二:窪田正孝

清沢ひとみ(賢二の妻):蓮佛美沙子

本田(不動産会社の社員):奈緒

清沢聡(賢二の兄):窪塚洋介

柏原(長野県警の警察官):中島歩さん

スイート・マイホームみどころ

ホラー・サスペンス映画です。

ちょっとグロいのもありますが、一般的なホラーが大丈夫な人は見られます。

ごく普通の夫婦と子供二人が夢のマイホームを頼りのある建築家に作ってもらいます。

これから楽しい新居生活!なのに、それはすぐ訪れます。

家の見どころである地下室に入ってしまった友人の子供が変なものを観てから、この家には何かいる?心霊映画?ホラー?となります。

ですが、不可解な周りの人間たちが続々命を奪われていきます。

妻と赤ちゃんは1日中家にいるため、いつも誰かに見られている恐怖を感じ始め、精神がおかしくなっていきます。

一方、旦那の方は被害者たちとトラブルを起こしていて警察に睨まれます。

犯人ではない旦那は、何とか事件の真相をつかもうと調べると、心霊現象ではなく、ある人物によって起こされていたものだと知り、家族を助けるために急いで家に戻ります。

そこには、子供の頃から何故か苦手な地下室に真犯人と対決することに。

犯人の動機は余りにも信じがたいものでした。

スイート・マイホームあらすじ

寒い北海道に住む3人家族。

あまりの寒さに耐えられなくて、そろそろ夢のマイホームを考えます。

しかし、予算的にもどうしようかと悩みながらも、これからの子供との生活を考えたら新居に踏み出すことにします。

まずは住宅見学に行くと、やたらとしつこい営業にひっかかり気分を害しますが、担当してくれた女性はとてもいい人で、彼女は建築士でもあり彼女に依頼することにしました。

そして、夢のマイホームを手に入れた家族は四人になっていました。

新しい家族と楽しい新居生活が始まるはずでした。

ある日、妻は友人とその子供を招待しますが、その中の一人の子供が地下室で気分を悪くしてしまいます。

その頃から、誰かに見られてる感覚を感じるだけではなく、しつこい営業や、旦那の元浮気相手が命を奪われてしまいます。

容疑者になってしまった家族。

しかし、彼らは何もしていません。

家に赤ん坊とずっといる妻は、どんどん精神が追い詰められていってしまいます。

そんなとき、次女が姿を消してしまいます。

急いでかけつけると、そこには次女を守って旦那の兄が変わりはてた姿に。

なぜ、兄まで?旦那は独自に聞き込みをすると、ある人物にたどり着きます。

そして、夢のマイホームには恐ろしい仕掛けがされていました。

家族も知らない天井があり、真犯人はそこで生活をしていたのです。

果たして、真犯人の目的は?

スイート・マイホーム感想

物語の感想

ホラーは苦手だと思いながらも、窪田正孝さんのファンなので観に行きました。

そして、ホラーサスペンス。サスペンスですね。

一番怖いのは人間だと言うことです。

真犯人の動機を聞けば余りにも身勝手なものです。

原作ではもっとやばい人みたいですが、映画だけ見ると多少同情はしてしまいます。

原作は同情の余地なしです。

どんどんホラー・サスペンスが増していきます。

更に夢のマイホームとハッピーなのにこの映画、バッドエンドです。

旦那が浮気しなきゃよかった気もしますが、妻のケアを怠ったせいで、ほんとにラストが強すぎます。

真犯人のおかしな動機のせいで、何も罪のない子供達が一生背負う傷を背負います。

そして、悪役に見えるヒトは、実はみんないい人です。

最初に命を奪われた人もただ忠告してくれた人でした。

更にこの映画には旦那の実家もキーパーソン。

兄がほんとに切なかったです。

キャストの感想

窪田正孝さんが主演ということもあり観に行きました。

しかし、周りの俳優たちが凄すぎました。

全員が引き込まれる演技。

窪田さんは、とにかくクズ男です。

あんなに幸せなのに浮気してたわけですからね。

でも、目の演技。目力が強いので惹かれますね。

更にお兄さんの窪塚洋介さんも最初誰?と思っちゃいましたが、凄く難しい役をこなしていました。

姪っ子を命がけで守った本当の理由も泣けました。

更にこの中でアカデミーいけるんじゃないかと思った妻役の蓮佛美沙子さんです。

ほんと、最後は別人です。

どんどん精神崩壊した演技が素晴らしかったです。

ラストのシーンのあの笑顔ともうこの恐怖を感じなくて済むという安心感の発言は、もう冷静な判断が出来なくなっている人ですね。

更に強い女優は、奈緒さんです。

いや、似合いますよ。

悪女もいい人もできますから。

スイート・マイホームこんな人におすすめ

ホラー・サスペンスが好きな人にはオススメです。

ちょっとホラーが苦手なは人も見に行けなくはない部分です。

ただ、バッドエンドなので、ハッピーエンドじゃないと駄目な人は確実に無理ですね。

ホラーとかの心霊系って脅かす、それもかなり大げさにというイメージがありますよね。

幽霊はもちろん出ませんし、ポルターガイスト的でもなく、人が起こしたものです。

つまり、人間の本質の恐怖を描いています。

なので、この人間の本質が強すぎるので、私がこれまでに見た映画とは感覚が違いました。

今までこういう映画ってあったのでしょうか?

そして、何より映画大好きな俳優の斎藤工さんが、監督を務めていますから、描き方も他の監督とは違うのではないでしょうか?

映画好きな方なら、この映画は観るに値する映画だと思います。

なので、ちょっとホラー苦手でも、多少映る程度が平気なら是非見て欲しいです。

更に、この映画は少人数です。

もう人間だと言ってしまったので、犯人は何となく想像ついてしまうかもしれませんが(笑)わかっててもこわいです。

ぜひ、みなさんも見に行ってみてくださいね。