当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
PR

うなされてる人は起こした方がいい?悪夢をみることはよくない?

お役立ち情報

うなされている人を起こした方がいいのか、悩んだことはありませんか?

夜中に誰かがうなされていると、そのまま放置するのが良いのか、起こしてあげるべきなのか迷いますよね。

この記事では、悪夢をみるのはよくないのか、起こした方がいいのかについてお伝えします。

また、うなされている人を起こす方法や日常的なケアのポイントについてもご紹介します。

うなされてる人は起こした方がいい?悪夢をみるのはよくない?

うなされているとはどういう状態か?

うなされているとは、睡眠中に悪夢を見ている状態です。うなされている人は、寝汗をかいたり、寝言を発したり、体を動かして苦しそうにしていることがあります。本人だけでなく、周囲の人も不安になってしまいますよね。

悪夢を見ることは悪いこと?

夢は、脳が思い出を整理する方法の一つです。

いろいろな思い出が組み合わさって、夢を作ります。

夢の中で、脳はすべてを整理できなかった思い出や、たくさんの情報を片付けるのを手伝っています。

また、どの思い出を覚えておくべきか、どれを忘れるべきかも決めます。

悪夢を見ることで、嫌なことや悲しいことを上手に処理する手助けをしているとも言われています。

うなされ方があまりにひどくなければそっとしておきましょう。

あまり良くないことかと思いましたが、悪夢も役に立つことがあるんですね。

ただし、日常生活でのストレスや不安、トラウマ、過度の疲労、不規則な睡眠パターンなどでうなされることが頻繁に起こると、睡眠の質が低下し、日中の疲労感や集中力の低下、イライラ感が増すなどの悪影響が出てしまいます。

悪い夢のスピリチュアル的な意味は?

夢は、あなたの心の奥底にある考えや感じていることを映し出すものです。潜在意識というのは、普段はあまり意識していないけれど、心の奥にたまっている考えや習慣、感じ方のことです。これに対して、自分で意識して考えたり決めたりできる思考を顕在意識と言います。

たとえば、表面上は「勉強をがんばろう!」と思っているけど、心のどこかで「テストで悪い点を取ったらどうしよう」と心配していると、その心配が夢に出てくることがあります。心の中で気づいていない部分と、意識している部分との間に大きな差があると、心にモヤモヤが溜まり、それが夢に影響することがあるんです。

うなされている人を起こすメリットとデメリット

  • メリット
    悪夢を止めて安心させることができる点です。起こすことで、ストレスが少なくなり、もう一度落ち着いて眠ることができます。
  • デメリット
    急に起こされると、混乱したりパニックになることがあるし、睡眠のリズムが乱れて、再び眠るのが難しくなることもあります。

悪夢から起こすときは、その時の状況をよく考えて、慎重に行動する必要があります。

うなされている人を起こす方法と注意点

優しく起こして対応しよう

焦った声で起こすびっくりしてしまうので、落ち着いた声で名前を呼んだりして起こし、安心させてあげましょう。

話したがるときは話を聞いてあげましょう。

心配で思わず大きな声で起こしそうになりますが、落ち着いて声がけしましょう。

起こさない方が良い場合とは?

  • 苦しそうだが、危険がない場合
  • うなされる頻度が少なく、翌日に影響が出ない場合

夢にうなされないようにするための日常ケア

うなされにくくするための睡眠環境の整え方

うなされにくくするためには、以下のポイントを押さえた睡眠環境を整えることが重要です。

  • 寝室の温度を適切に保つ 夏25~26度、冬20~22度
  • 静かな環境を作る
  • 暗い照明を使用する
  • 快適な寝具を選ぶ

上記は一般的な目安ですので、その人に合わせた温度や環境を作り質の高い睡眠ができるようにしましょう。

ストレスの管理をする

ストレスはうなされる原因の一つであり、ストレス管理が重要です。

  1. 運動の習慣化: 定期的な運動でストレスを減少させリラックス。ヨガやジョギングなど、自分に合った運動を見つけましょう。
  2. リラクゼーション: 深呼吸、瞑想、マインドフルネスなどのリラクゼーション法を取り入れることで、心を落ち着かせることができます。
  3. 趣味の時間を確保する: 趣味に没頭することで、日常のストレスから解放され、心のバランスを保つことができます。
  4. 十分な睡眠を確保する: 睡眠不足はストレスを増大させるため、規則正しい睡眠習慣を維持しましょう。
  5. 人に相談する・話を聞いてもらう: 家族や友人、カウンセラーと話すことで、ストレスを解消しましょう。

ただし、うなされることが頻繁で日常生活に支障をきたす場合は、専門家に相談しましょう。

 

まとめ

うなされている人を起こした方がいいのかについてご紹介しました。

悪夢を見ることで、脳が嫌なことや悲しいことを上手に処理する手助けをしているので、苦しそうでも頻度が多いなど日常生活に支障がなさそうでなければそっとしておきましょう。

あまりにも頻度が多かったり、日常生活に支障が出そうな場合は専門家に相談しましょう。