当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
PR

一人っ子はデメリットしかない?理由や一人っ子のメリットは?

お役立ち情報

一人っ子 デメリットしかないと言われますが、果たして本当にそうでしょうか?

一人っ子として育つことには確かに特有の挑戦が伴います。

例えば、兄弟姉妹がいないことで社会性があまりないと言われたり、親からの高い期待を負担に感じることが多いです。

しかし、一人っ子には独自の強みやメリットもあります。

今回は、一人っ子のデメリットしかないのか、メリットや一人っ子の持つ可能性についてお届けします。

一人っ子はデメリットしかない?

人との関わりが苦手

一人っ子は他の子供たちとあまり一緒に遊ぶ機会が少ないため、グループでどう振る舞うかが分かりにくいことがあります。たとえば、チームでスポーツをする時や、学校のプロジェクトでみんなと協力する時に、他の人と上手に協力するのが難しいことがあります。

うちの子供も一人っ子ですが、お友達から言われたことに対して、いちいち傷ついていることもありました。兄弟姉妹がいる子は兄弟姉妹の喧嘩でいろいろ言われることに慣れている子が多いですが、一人っ子は関わる相手が親や祖父母など大人なので、同じぐらいの年の子から傷つく言葉を言われるのに慣れていないのでしょうが無いですね。
一人っ子の友人にも聞きましたが、とても共感していました。

 

子供から嫌なことを言われたようなことがあったときは話してくれたので、いやだったねと話を聞いてあげるように心掛けています。

過保護のため自立性がない?

一人っ子は親から特に大事にされることが多いので、自分で決断することが苦手になることがあります。例えば、何か決める時にいつも親の意見に頼ってしまい、自分一人でリスクを取ることが難しいと感じることがあります。

親の視点での一人っ子を持つことのデメリット

親の課題(教育)

一人っ子の場合に親は、子供にたくさん期待することが多いですが、それが子供にとっては負担になることがあります。親は子供が友達と上手に遊べるようになったり、自分で物事を決められるようになったりするために、環境作りをするなど特別な努力をする必要があることが多いです。

経済的な問題と時間の使い方

一人っ子を育てる場合に、親は子供のために多くのお金と時間を使います。学校の授業料や習い事の費用は高くつくことが多く、これが親の経済的な負担を大きくします。また、子供のために時間をたくさん使うことで、親の仕事やプライベートな時間にも影響が出ることがあります。

なるべく他の子供と関わって遊んだりするようにしていましたが、小さいうちはとくに親が一緒に遊んであげなければいけないというのも大変でした。

一人っ子のメリットや親の関わり方

一人っ子の強みとその活かし方

一人っ子は自分の時間をたくさん持っているので、集中する力や自分のことを管理する力が強くなります。

子供の力を生かすためには、親が子供の好きなことや得意なことを見つけて、それを伸ばす手助けをすることが大切です。例えば、子供が興味を持っていることに対して、適切な教育や活動のチャンスを与えて、成長を助ける環境を作ることが必要です。

また、親との関係が密接なので、信頼関係をしっかり築いて、子供が自分の夢を追い求めるのを支援することが重要です。

社会性をつける

子どもの社会性を養うために、早期から他者との交流の機会を増やすことが重要です。学校や地域の活動に積極的に参加させることで、社会的スキルを自然に身に付けることができます。

私の子供も一人っ子ですが、小さい頃からお友達と関わる機会を増やすように心掛けていました。
今も人と関わる機会があれば積極的に連れて行くようにしています。

また、旦那さんも一人っ子なのですが、小さい頃から少年野球をやったりするなど、一人っ子でも人と関わりを多く持っていたということです。旦那さんは人との関わりはむしろ得意なほうで、仕事の他にスポーツのコーチもしていたりと兄弟がいる私よりも人との関わりは上手です。

一人っ子でも環境によって社会性も身につけることができます。

一人っ子が成功するためのポイント

自分の時間を上手に使って自分を管理する力を高めることが重要です。

また、親は子供の個性を大切にして、子供がどう成長するかを見守ることが大事です。親があまりにも心配しすぎたり、すぐに手助けしすぎたりすることがあります。
でも、子供には自分で考えたり行動したりするチャンスをたくさん与えるべきです。また、何か新しいことに挑戦して失敗することも、大切な学びの一部です。
親は失敗を恐れずにチャレンジする勇気を子供に教え、失敗から学ぶことの大切さを伝えるべきです。子供の得意なことや好きなことを見つけて、その才能を伸ばすサポートをすることで、子供が将来自分の力で道を切り開く力を育てることができます。

一人っ子は構い過ぎないようにすることが大切ですね。

一人っ子育ちの有名人

一人っ子でも様々な分野で活躍している方がたくさんいます。

女優の芦田愛菜さん、マツコ・デラックスさん、シンガーソングライターのスガシカオさん、金メダリストの荒川静香さんや北島康介さんなど他にもたくさんいらっしゃいます。

親が子供の特性を理解してしっかりサポートすることで、子供は自分の可能性を最大限に発揮することができます。

SNSでの一人っ子のメリットやデメリット

大人の中で育つことで、年上の人と仲良くなるのが得意だったり、必ずしも社会性がないわけではないですね。

分け合うことを知らないという人もいれば、必ず親と3人で分けて食べるという人もいました。

一人っ子だからこそのメリットもありますし、デメリットも生活の中で気を付ければ身につけられることもありますね。

まとめ

一人っ子は人との関わりが少ないことから競争や協力することが苦手であったり、過保護になることで自立性が伸びず、自分の意見を述べるなどが苦手になったりすることがあります。

でも、親の関わり方や環境によって一人っ子でも社会性や自主性を持った人になることができますので必ずしも一人っ子はデメリットが多い訳ではないです。

一人っ子だからこそ持っている「一人で集中する力」を生かしてあげられるような育児を心掛け、自分の考えで行動したりする機会を作っていきましょう。