当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
PR

スニーカーに防水スプレーはいらないのか?効果や使うと汚れが付きにくくなる?

お役立ち情報

スニーカーに防水スプレーはいらないのか気になります。

お気に入りのスニーカーはせっかくなら長く愛用し続けたいものです。

しかし、使うことによって効果などはあるのでしょうか。

今回は、スニーカーに防水スプレーはいらないのか、効果や使うと汚れが付きにくくなるのかについてお届けします。

スニーカーに防水スプレーはいらないのか?効果はある?

防水スプレーを使った利点

防水スプレーを使うと、日々の小さな汚れを気にしなくてすみます。ナイロンやキャンバス地のようなスニーカーの素材は、ちょっとした泥や水たまりでも汚れがつきやすいものです。でも、使用することで、スニーカーの表面がコーティングされて、そんな汚れも気にならなくなりますよ。さらに、汚れが付いたとしても、スニーカーの素材まで汚れが浸透することが少なくなり、簡単に落とすことができます。

また、防水スプレーはスニーカーの傷防止にも役立ちます。スニーカーをコーティングすることで、傷からも保護します​​。

スプレーを使うことで、スニーカーが長持ちし、いつも快適に過ごせるようになります。水分をしっかり防いでくれるので、素材が生乾きになることもなく、臭いや劣化の心配も減ります。

スニーカーと防水スプレーの関係性

使用することで、様々な形で劣化防止に役立ちます。スニーカーを1日履くだけで足からコップ1杯分の汗をかくと言われ、この汗が原因で黄ばみや劣化が進行することがあります。防水スプレーはこのような汗による黄ばみや劣化を防ぎ、スニーカーを長持ちさせる効果があります​。

防水スプレーの利点とスニーカーにどのように役立つかを解説

雨や泥だけでなく、日常のちょっとした油汚れや飲みこぼしも防いでくれるので、特に外出時や飲食店でのお出かけにも安心です。このおかげで、スニーカーのお手入れがぐっと楽になり、いつも清潔できれいな状態を保てるんです。さらに、防水スプレーがスニーカーをコーティングすることで素材を守り、長く愛用することができるようになりますよ。

実際の使用体験から見る効果は?

日常生活でお出かけ先や飲食店でうっかり飲み物をこぼしてしまっても、防水スプレーを施したスニーカーなら心配無用です。油のような頑固な汚れもスルリと弾いてくれるので、スニーカーをいつもきれいに保てます

実際に、白いスニーカーで歩く際に、防水スプレーをこまめに使うようにしたところ、汚れをぐんと減らしてくれて、スニーカーがずっときれいなままでいられました。

防水スプレーが施されたスニーカーでは、汚れやシミがつきにくくなります。特に油汚れは一度つくと落とすのが困難ですが、防水スプレーを使うことで、スニーカーの表面をコーティングし、汚れを弾く効果があります。

雨の日にスニーカーを履く時も、水分の浸透を防いで、スニーカーを長持ちさせることができるんです。

防水スプレーを使うと、スニーカーのお手入れがとても簡単になりますね。

 防水スプレーの欠点はある?

防水スプレーの価格は1000円弱から4000円程度と少し高めかもしれませんが、日々の使用によるコストを考えれば、価値はあります。さらに、スニーカーの生地など素材に合ったスプレーを選ぶことも大切です。スプレーによっては通気性が少し低下したり、定期的な再塗布が必要になることもあります。

適切な製品を選んで、必要に応じて使い方を調整することで、コストパフォーマンスを高め、長く愛用できるスニーカーを保つことができるんですよ。

 

防水スプレーの選び方や使用方法は?

防水スプレーの選び方のポイント

選ぶ時は、スニーカーの素材や普段の使用状況に合わせてみると良いですね。ゴムやメッシュ、布地など、スニーカーに使われる素材はそれぞれ異なり、そのために最適なスプレーも変わってきます。お出かけの場所や屋外での使用頻度、雨天での利用が多いかによっても選び方が変わります。例えば白いスニーカーをきれいに保ちたい時は、素材への浸透が少なく、汚れが簡単に落ちるタイプのスプレーがおすすめです。自分のスニーカーにぴったりのスプレーを見つけて、快適に過ごしましょう。

防水スプレーの正しい使用方法

  1. スニーカーの汚れや水分を拭き取る: まずスニーカーを清潔にします。汚れがある状態でスプレーをすると効果が得られません。
  2. 適切な距離から吹きかける: 30センチ以上離れた距離から全体に均等にスプレーします。近すぎるとシミや変色の原因になります。
  3. しっかり乾燥させる: スプレー後は記載の通りしっかり乾燥させます。乾燥しないと効果が得られません。

靴ひもを外すとより効果が高まりますが、外さなくても問題はありません。

乾かすときはドライヤーなどをあてずに自然乾燥するようにしましょう。

乾燥の目安は製品に記載されています。使用頻度については、頻繁に履く場合は3日に1回、あまり履かない場合は1ヶ月に1回が目安です​​。

また、使用頻度や気象条件に応じて再塗布する必要があります。

スニーカーを新しく購入したら、すぐに使用するのが最適です。既に履いているスニーカーに使いたい場合は、まず汚れを落としてからスプレーをかけることがおすすめです。これにより、汚れ防止効果が高まります​​。

防水スプレーの使用するうえでの注意点

防水スプレーに含まれる有害物質に注意し、屋外でマスクをして使用すること、靴の内側にはしないこと、使用できる素材を確認することが挙げられます​​。

使用時の注意点として、有害物質による健康リスクを避けるため、屋外でマスクをつけて行うことが推奨されます。

また、蒸れやニオイの原因になるので、靴の内側は避けましょう。

スニーカーの素材に合ったスプレーを選ぶことも大切です。素材によって使用できない場合もあるため、購入前に必ず確認してください​​。

おすすめの防水スプレー

  • ASON MARKK REPEL(ミスト)

自然由来の成分が9割以上で、無色無臭で肌や環境に優しいフッ素系の防水スプレーです。乾くまで約24時間と速乾性はないですが、体にも地球にも優しく、しっかりと防水してくれます。Amazonでは約2000円ぐらいで10足から12足分となります。

  • DABLOCKS

シリコンの不使用なので白くならず、スニーカー以外の傘やスキーウエアなど様々な素材で使えます。乾くまでには30分ぐらいです。Amazonでは420mlで約1500円なのでコスパがいいです。

  • adidas SHOE CARE PROTECTOR

アディダスの公式防水スプレーで、革やナイロンなどの素材に使えます。乾くまで約10分で、塗布後すぐに履けますが、Amazonでは185mlで約2000円と価格が高めです。

  • MARQUEE PLAYER

高撥水撥油で油汚れにも強く、カバンやリュックなどにも使えます。乾くまで約20分で、Amazonでは420mlで約2000円です。

まとめ

スニーカーは日常生活で頻繁に履く靴の一つです。通勤や通学、レジャーなど、さまざまなシーンで活躍します。でも、スニーカーは日々の汚れや摩耗にさらされがちです。防水スプレーを使うことで、単に雨や水分から守るだけではなく、汗による黄ばみや劣化からスニーカーを守り、清潔で美しい状態を保つことが可能になります。

靴が綺麗であれば、それだけで気持ちも上がりますよね。お気に入りのスニーカーを長く、快適に使い続けるためにも、防水スプレーでの適切なケアをしましょう。また、正しい使用方法を守り、定期的に再塗布することで、お気に入りのスニーカーをより長く使用しましょう。